傍楽 ~未来をつくる仕事をしよう~

「働く」とは「傍(近くにいる人)」が「楽(らく)」になること。日々の仕事を通じて社会に貢献する、社会事業家・活動家から感じたことを綴っていきます。

パノラマの寄付プロジェクト【高校内居場所カフェでハイティーンの若者と繋がり、卒業生からのSOSにも応えたい】開始!

 私の所属しているNPO法人パノラマで、新しい寄付プロジェクトが始まりましたので、ご紹介させてください😊

プロジェクト名は【高校内居場所カフェでハイティーンの若者と繋がり、卒業生からのSOSにも応えたい】です。(オンライン寄付サイト「Give One」内プロジェクト)

giveone.netパノラマでは、これまでも色々と寄付のお願いをさせていただいておりましたが、これまでと異なるのは、「卒業生からのSOSに応える」という点です。

パノラマが運営している高校内居場所カフェの"ぴっかりカフェ"は、先日6周年を迎えました。カフェを継続して運営している中で、在学生はもちろんのこと、中退をした生徒や卒業生の居場所にもなり始めてきています。

カフェで築かれたつながりは、生徒たちの「いざ」という時に、心理的にもアクセスするハードルを低くしており、安心して頼れるものとなっております。

特に今年は新型コロナの影響もあり、卒業生からのSOSが急に増え、カフェの価値が顕在化したと思っています。

具体的な相談内容は書けませんが、例えば、

・虐待など安心して暮らせない自宅を出たい

・妊娠したけれど相談できる人がいない

など、未成年や20代前半の若者が1人で解決することは到底難しい相談ばかりでした。

相談する大人が身近に思い浮かばない中、パノラマのことを思い出しSOSを出してくれたことはとてもうれしいことですし、この居場所カフェの成果の1つであるとも捉えています。

 今回みなさまにご協力をお願いしたいのは、高校内居場所カフェの運営にかかる費用と、このカフェでつながることができた卒業生からのSOSに対応する費用(相談にかかる交通費・人件費等)になります。

卒業生や中退生からの相談は、居場所カフェの外の支援であるため、助成金等では対応することが難しく、寄付プロジェクトを立ち上げることになりました。

 今回の寄付プロジェクトを通じて、卒業生支援を継続的に行っていけるような体制を整えていきたいと思っておりますので、どうか、ご協力いただけますとうれしいです!

よろしくお願いいたします。

🍓寄付サイト🍓

高校内居場所カフェでハイティーンの若者と繋がり、卒業生からのSOSにも応えたい

※上記Give Oneでのご寄付は、すべて寄付金控除等の税制優遇の対象となります

f:id:gifter-kurusu:20201216212210j:plain